特集記事

【ゲムマ出展記・後編】ゲームマーケット2020秋は、とってもアットホームなイベントだった!

投稿日:

今回はゲームマーケット2020秋の売上の変化や戦利品報告、そして雑感です

国内最大となるアナログゲームイベント「ゲームマーケット2020秋」が、2020年11月14日(土)、11月15日(日)に青海展示場にて、開催されました。

と、いうことで、出展者側の視点でのレポートの後編です。

後編は、気になる売上の変化や、戦利品の報告などをしたいと思います。

なお、前編はコロナ禍で運営がどう変わったかについて書いています。

▼よければ、気になる方は、合わせてごらん下さい。

やっぱり売上は下がってしまうけれど、思ったほどの下降ではなかった

売上の話をするのは、なかなかに難しい。

なにせ、頒布している作品の人気が毎回違うから、一概にコロナ禍でお客さんが来ていないせいだと、言えないところがある。

それをお伝えしたうえで、事実を述べると、「例年比で、売上は下がってしまった」「でも、壊滅的なほどの下降ではなかった」

バラしてしまうと、当初は、出展料さえ賄えないくらい売れないのでは、と覚悟していた。

しかし、そこまでではなかった。熊熊飯店は、複数作品を毎回頒布しているのだが、実をいうと、ある作品は、去年のゲームマーケット秋よりも数が出たくらいだった。

入場数も少ないけれど、出展者数も少ないので、その兼ね合いもあるのかなと思う。

完売になった商品もある(もともとたくさん持って行っていないというのもあるけど)

たくさんの出展者の方がご挨拶に来られたし、こちらも積極的にご挨拶に伺えた

また、今回、来場者数が穏やかだったこともあり、普段よりたくさんの出展者の方と交流の時間を持てた。

ボドゲクイズでお馴染み、「番次郎書店」のバンちゃん氏の出展ブースでのクイズに待望の初参加ができた。コロナ禍で発声が躊躇われる状況で、声を出す必要のない、指差しクイズという新しい形式を編み出していた。2日目には、当ブースに出張クイズまで届けてくださり、サービス精神旺盛だ。

遠い長崎の地から参加となるpodcast「おしゃべりサニバ」で人気の、ボードゲームカフェ「サニーバード」ブースでは、今回自身で翻訳されて発行されたボードゲームと同名の長崎銘菓「ぽると」を頂いてしまった。予算の都合で購入したのは「ポルト」ではなく、以前出された「QE」の方だったのは、面目ない。

ゲームマーケット2020春で当サークルとコラボのお声がけを頂いた「橙華堂」ブースでは、ゲムマ開始直前に立ち上がった企画が大人気だった。なんと公募した30サークルさんの頒布品をストラップ化! これはすごい。ストラップが当たるガチャガチャの前には、人気でお客さんが集まっていた。当サークルの作品「アノコロの俺ら」のストラップまで作って頂いてしまった。

そのほか、事前にこのブログで紹介したサークルさんがご挨拶に来られたり常連さんの中には差し入れを下さった方も!(いつも本当にありがとうございます。新作期待してください)

皆さん、ほんとうに、ありがとうございました!!

販売だけなら、ネットの通販サイトで出来る。だがこういう交流こそ、イベントの醍醐味だ。

戦利品報告

ここからは個人的にゲットした戦利品を報告していきます。

twitterでツイ―トを連投したので、そちらを引用しよう。

今回もみんな持ってた。MAGIさんのバッグ

長崎からの気になる新作(早く遊びたい!!)

ボードゲームクイズといえば、コチラ!

ニューヨークのゲーム会の状況が楽しすぎる!

ぼどげ~~ん!!

ゲムマ数日前に突如立ち上がった、激ヤバ企画!

そのほか会場の様子

あまり写真を撮影しなかったのだが、そのほかの写真を掲載しておこう。

最後にひとこと。

-特集記事

Copyright© 熊熊飯店のいまボド! , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.