特集記事

プレイスペース&ボードゲームカフェ支援企画2選!!

コロナウィルスの影響で自粛を余儀なくされた「プレイスペース」「ボードゲームカフェ」さんの窮状を救おうと、いくつもの支援企画が立ち上がっておる。

うさぎ師匠
うさぎ師匠
かえる君
かえる君

今回は、そのなかから、ふたつご紹介します!!

「nickname KANSAI」販売

「ニックネーム/nickname」といえば、ニックネームで呼び合うことで、相手との距離が一気に縮まるゲームとして、また、女子中学生考案のゲームとして、一躍話題になりました。

このたび、Kleeblatt社は、関西のプレイスペース支援商品として、「nickname KANSAI」を店舗限定で販売するとのこと。

パッケージイラストはイメージとのことですが、どこかで見たようなデザインのイラストも、ちらほら。

関西プレイスペース名で呼び合ったり、持ち物カードがボードゲームのコンポーネントに変わっていたり、

チャリティに関係なく、これは気になりますぞ!!

情報誌「クリエイターズ」チャリティ版販売

「クリエイターズ」といえば、兼ねてよりアナログゲームを作る人の情報誌として、店舗にて無料配布され、好評を博していました。

このたび、こちらのチャリティ版「クリエイターズ」の販売を行うとの発表がありました。

制作を取り仕切るクリエイターズ臨時制作委員会は、取り分0%で、その利益は、クリエイターズ連盟店に均等に分配されるとのこと。

・ボブジテン流「ゲームを広める方法/作る上で大切なこと」
・クラウドファンディング必勝法

など、気になる記事が盛りだくさん!!

-特集記事

© 2020 熊熊飯店のいまボド! Powered by AFFINGER5