特集記事

【アノ俺特集1】「アノコロの俺ら(手作り初期版)」の原価はいくら?

  • 人数:2~5人
  • 時間:15分~30分
  • 制作:店長
  • こんな方におすすめ:アニメ、漫画、ゲームなど、ホビーコンテンツが好きな方
かえる君
かえる君

「アノ俺特集」と題して、カードゲーム「アノコロの俺ら」の記事を連投する予定です。
って! 作者のところのゲームじゃないですか。

そうじゃな。
実は今回、ゲームマーケット2020春に向けて、「アノコロの俺ら」のコラボ作品と、拡張版の準備が進んでおった。
まあ、ゲムマは残念ながら中止になってしまったが、それらの通販が開始されたのじゃ。

今回は、それを記念しての特集企画じゃ!!

うさぎ師匠
うさぎ師匠

【参考】
・「アノコロの俺ら・拡張版」(制作:熊熊飯店)
  販売:熊熊飯店通販ショップ(BOOTH)
・「アノコロのお前は誰だ?」(制作:橙華堂様/監修:熊熊飯店)
  販売:amazon

シリーズ累計販売個数3,000個超え「アノコロの俺ら」とは

カードゲーム「アノコロの俺ら」は、ある年代のホビーの出来事が書かれたカードを時系列に並べていく、簡単なゲームです。

たとえば、
「ファミリーコンピューター発売」
「ビックリマンチョコ第1弾発売」
と、いうカード。どちらが先に発売されましたか?

並べてください!

ルールはこれだけ。すごくシンプルですね。
他にもたくさんの出来事カードが入っています。

でも、この分かりやすさがウケたのか、おかげさまで累計販売個数3,000個を突破する人気作となっています。

「アノコロの俺ら」の作り方(考え方編)

文系だから論理思考は無理。絵心ないからイラスト描けない。なら、どうするか?

僕は、ゲームは好きなんですが、べつにゲームが強いわけじゃないんです。
極端な文系だから、数字がからっきしダメ。

それなら数値を必要とするゲーム制作は、いったん諦めよう。
代わりに「感情」に訴えかけよう、そう思いました。

イラストも同じで絵心ないんなら、代わりに「文章力」で勝負だ!
そう思ったんです。

そうして出来たのが、「アノコロの俺ら」でした。

「アノコロの俺ら」のルールは、ただ時系列にホビーの出来事を並べていくだけです。

でも、それによってちゃんと、アノコロの思い出話に花が咲くように、扱うコンテンツは、なるべく皆さんが知っているようなものをと、吟味しました。

そして、コンテンツを知らないひとも盛り上がれるように、裏面には解説を結構多めに書いてあります。

「この解説を読むのが好きなんです」そう言ってくれるひとも結構いてくれて。ニンマリします。(笑)

実績:30分で完売!

それで、「アノコロの俺ら」の初期版なんですが、出来上がったものをゲームマーケット2013春で販売したのですが、結果は50個が30分で完売!

いや、びっくりしました。実は、後にも先にもあんなに並んだの、初めてだったんです。

「アノコロの俺ら」の作り方(材料編)

材料と当時の費用記録

まあ。能書きだけじゃあつまらないので、せっかくだからどういう材料を使って初版を作ったか、当時の材料費込みで、公開しちゃいましょう。

初版の「アノコロの俺ら」を頒布したのが、ゲームマーケット2013春でした。

この方法で出来上がったものは、チープなのは否めないんですが、費用としてはお手頃だし、これから初めてゲームを作るお金のない学生さんなんかには、オススメです。

材料費(初版「アノコロの俺ら」50個分):合計39,553円

・カード(名刺用紙) 2,500枚分 7,560円
・スリーブ 2,500枚分 4,380円
・パッケージ 50個分 2,550円
・マジックテープ 適量 1,100円
・内袋 50個分 600円
・インク代   16,533円
・ゲムマ出展料   6,800円

・カード(名刺用紙)
 カードは、名刺用紙に両面印刷しました。
 こちらの用紙が、固めのA4用紙でミシン目が入っているので、取扱いが楽でした。

・スリーブ
 名刺用紙だけだとさすがに、チープさが目立つので、スリーブに入れました。
 そうすると市販のカードのようにフィルム加工されているように見えるし、触感も
 すべすべで高級感が出ます。

・パッケージ
 モデルチェンジをしたのか、当時使っていたものと全く同じ製品は発見できな
 かったのですが、類似製品がこちら。CDサイズのタトウ式段ボールと呼ばれ
 るもので、これに細工してマジックテープをつけて開け閉めができるようにし
 ていました。オモテ面にタイトルを印字したラベルを貼り付けると、案外それ
 っぽくなるんです。

・内袋
 いわゆる「チャック袋」と呼ばれるものです。カードと説明書をこの中に入れ
 たうえで、先ほどの段ボールのパッケージに入れていました。
 いま考えると、自分で言うのも変ですが、丁寧なつくりですね。

-特集記事

© 2020 熊熊飯店のいまボド! Powered by AFFINGER5