身辺雑記

ゲーマー旅行記(最終回):地中美術館のラスボス感!!

投稿日:

注意:本記事は、コロナ禍での緊急事態宣言下ではない時期について、書かれたものです。世の中が、1日も早く、こんな注意書きをする必要のない状況になることを、祈っています。

メインクエストの最終の地、直島に到着

最終の地、

「ドラクエ2」ならば、あの長い洞窟を抜けたあとの一面の雪原となるロンダルキアの地。
「FF3」ならば、あの高い高いクリスタルタワーを登り詰めた先の宇宙のような空間。
「MOTHER」ならば、かわいそうなロボットイブが自滅して辿り着いたホーリーローリーマウンテンの山頂。

ことRPGにおいて、最後の地というのは、印象的なものだ。

直島もどうやら、そんな土地らしい。

島に到着した途端、太陽が顔を出した。
これは、何かある。

地中美術館のラスボス感!!

目的地、地中美術館は港から歩いて15分。バスも出ているが、圧倒的に徒歩をオススメする。なにせ、景色がいいからね。

高い場所にあるので、そこまで地中感もないが、空からみるとしっかりと地中に埋まっている。(公式サイトをご確認くださいませ)

館内は写真撮影禁止なので、玄関の写真のみで、すみません。

でも、ここ、かなり良かったよ!!

写真がないので、いらすとやさんの画像でイメージを出しますと、

睡蓮(クロード・モネ)

打ちっぱなしのコンクリートの壁に囲まれた暗い室内から、急に灯るい部屋に大きなモネの睡蓮、の額が5つ。バーン! ま、まぶしい!! 睡蓮大きい!!!

タイムタイムレスノータイム(ウォルター・デ・マリア)

黒い球体が階段の上に置かれている近未来的な教会っぽいの、バーン!!!
なにこれ、奥浩哉先生のマンガのあれだよね!! 
とは、言ってはいけない。でも、圧倒的な存在感!!!

表現力なくて、ごめんなさい。。。

スタッフのユニフォームも世界観に合わせている

凝っているのが、館内のところどころでサポートをしてくれるスタッフにユニフォームがある。なんか白衣っぽくて揃いのポーチを肩にかけていて、世界観を壊さないようにしている。

まるで90年代のポストアポカリプスSFの世界観。
押井守とか、大友克洋とか好きなひとは絶対好きだと思う。

created by Rinker
講談社
¥1,760 (2021/06/16 04:28:50時点 Amazon調べ-詳細)

旅の行程(4日目)

09:00 高松空港→(リムジンバス)→高松駅→(フェリー)
11:00 直島着(地中美術館)
15:30 高松着(うどん欲が高まりお土産にうどんを) 
16:30 高松駅発
20:00 大阪着(宿泊)

5日目に帰宅! 

雑文に長らくお付き合いいただき、ありがとうございました!

-身辺雑記

Copyright© 熊熊飯店のいまボド! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.