【重量級:90分以上】

「テケン:太陽のオベリスク」いよいよ予約受付開始!

  • 人数:1~4人
  • 年齢:14歳以上
  • 時間:60~120分前後
  • 制作:Daniele Tascini, David Turczi
  • こんな方におすすめ:重ゲー好き・古代好き・オベリスク好き

・「テケン:太陽のオベリスク」はテンデイズゲームズ公式サイトで予約受付中
https://tendaysgames.shop/?pid=152452560

かえる君
かえる君

お! 今回は7月の新作ですね。
テンデイズゲームズさんのゲームですね。

複合的なシステム。
巨大なオベリスクのコンポーネント。

これは、ゲーマーが好きそうで、人気が集中する匂いがぷんぷんするぞ。ワシも普通に欲しい。

うさぎ師匠
うさぎ師匠
かえる君
かえる君

テンデイズゲームズさん、6月はカリブ海を舞台にしたゲーム「マラカイボ」が人気で、あっという間に完売してしまっただけに、こちらのゲームも要チェックですね!

「テケン:太陽のオベリスク」の物語とフレーバー

4千年前、ナイル川の東岸に、アメンラー神殿の基礎が築かれました。

2000年の間に神殿の複合体は徐々に拡大され、世界で最大の宗教建築物を誇る「最も人気のある場所」( Ipet-Isut )として広く知られるようになりました。現在、この地域はカルナックとして知られ、エジプトのルクソールにあります。

古代ファラオと協力して、エジプトの神ホルス、ラー、ハトホル、バステト、トート、オシリスを称え、世界で最も印象的な場所の1つを作成して成長させましょう。

BGG「テケン:太陽のオベリスク」ページ説明文より(Google機械翻訳による)

「テケン:太陽のオベリスク」のコンポーネント

こ、このオベリスクの大きさは……(ごくり)

今回は、テンデイズゲームズのタナカマコトさんのtwitterを引用しつつ、お送りします。

まずは、コンポーネントですが、特徴的なのは、ボードにそびえたつ巨大なオベリスク!

ちなみに、「BoardGameGeek」のページには、オベリスクの壁面に象形文字を彫り込み、金ぴかに着色した猛者の写真が載っています。

ああ、これ普通に欲しい!

引用:BoardGameGeek・Pierre氏の画像より

「テケン:太陽のオベリスク」のプレイ感

60~120分の重ゲ―で、複合的な要素、ということだが。。。

タナカマコトさんの最初のツイートでは、「パラメーター上げ、配置パズル、特殊カードなどなど、あらゆる要素をこれでもか!と盛り込んだ、このボリューム感はすごい。」と呟かれています。

さらに、

いくらお仕事とはいえ、羨ましす。。。

何人で遊ばれているかは、不明ですが、120分級を1日2回!

そのくらいのリプレイ欲求とは、わたし、気になります!

しかしテストプレイされているということは、既に印刷が完了しているということで、果たして、いつから発売が開始になるのでしょうか。。。

【システム大胆予測】オベリスクの影が当たるエリアの影響を気にしつつ、ダイスドラフトし、建築物を建て、資源を生産する

これだけだと、どんなゲームなのかが分からないので、「BoardGameGeek」の解説を見てみることにします。

が、やはり機械翻訳による推測なので、もし誤っていたらすみません。

これは画像からでも分かるのですが、オベリスクの周囲には円形のエリアがあります。ラウンドによって、オベリスクの影の部分、やや影の部分、日が当たる部分などで、状況が変わっていくようです。

ダイスが凄いたくさん並んでいるのが分かりますが、ダイスの色とオベリスクの影の場所で、状況が変わります。

そして、このダイスをドラフトして、プレイヤーボードに配置し、アクションを行う!

テーマがカルナック神殿を、より栄えさせることということなので、アクションで拡大生産を行い、建築物の場所・神像の数・人々の幸福度などを競い、勝利点を得る。

そんなゲームではないでしょうか。

こら! 
推測だけでなく、しっかりした情報を書かんかい!!

うさぎ師匠
うさぎ師匠

す、すみませんっ! だって、情報が少ないんですよ~~。

でも、すごく面白そうだという匂いがぷんぷんしてくるんです。

とにかく、

は・や・く

遊びたい!!!

・「テケン:太陽のオベリスク」はテンデイズゲームズ公式サイトで予約受付中
https://tendaysgames.shop/?pid=152452560

-【重量級:90分以上】

© 2020 熊熊飯店のいまボド! Powered by AFFINGER5