【ドイツ年間ゲーム大賞】

ドイツ年間ゲーム大賞 全受賞作リスト

更新日:

目次

ドイツ年間ゲーム大賞とは

ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres)は、ドイツで選定されるボードゲームの最も権威ある賞である。
1979年より始まった。ゲーム評論家など、専門家が集まった選考委員会によって選定される。毎年5月頃にノミネート作品が発表され、6~7月に大賞が決定する。前年までの受賞作や候補作との間で、作者やメーカーのバランスを考慮したり、マニアックなものは避けるなど、委員会としての意志が感じられる選考結果となっている。
大賞の他に、子供ゲーム賞(2001年より)、エキスパート賞(2011年より。より経験の深いプレイヤー向けのゲーム)などがある。

受賞・ノミネートした作品は、賞のロゴをゲームパッケージに表示することができる。ロゴを表示するにはライセンス料を支払う必要があるが、これによりゲームの売り上げが上がることを期待できる。また、賞の運営委員会は基本的にロゴのライセンス料だけで運営をまかなっており、中立な立場を守っている。

wikipedia:「ドイツ年間ゲーム大賞」より

【ご注意】定価より、お値段が高騰している商品があります。ご注意ください。

2020年「ピクチャーズ」

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥5,007 (2022/12/06 06:16:24時点 Amazon調べ-詳細)

2019年「ジャストワン」

2018年「アズール」

2017年「キングドミノ」

created by Rinker
テンデイズゲームズ
¥3,290 (2022/12/06 06:07:06時点 Amazon調べ-詳細)

2016年「コードネーム」

created by Rinker
¥3,300 (2022/12/05 17:23:20時点 楽天市場調べ-詳細)

2015年「コルト・エクスプレス」

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥4,527 (2022/12/06 06:07:07時点 Amazon調べ-詳細)

2014年「キャメルアップ」

2013年「花火」

2012年「キングダムビルダー」

2011年「クワークル」

2010年「ディクシット」

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥8,300 (2022/12/06 06:16:24時点 Amazon調べ-詳細)

2009年「ドミニオン」

2008年「ケルト」

2007年「ズーロレット」

2006年「郵便馬車」

2005年「ナイアガラ」

2004年「チケット・トゥ・ライド」

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥6,160 (2022/12/06 05:29:52時点 Amazon調べ-詳細)

2003年「アルハンブラ」

2002年「ヴィラパレッティ」

2001年「カルカソンヌ」

2000年「トーレス」

1999年「ティカル」

1998年「エルフェンランド」

created by Rinker
Amigo Spiel + Freizeit
¥3,600 (2022/12/05 17:23:21時点 Amazon調べ-詳細)

1997年「ミシシッピクイーン」

1996年「エルグランデ」

created by Rinker
Hans im Gruck
¥46,800 (2022/12/06 06:16:25時点 Amazon調べ-詳細)

1995年「カタンの開拓者たち」

1994年「マンハッタン」

1993年「ブラフ」

created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥7,440 (2022/12/05 17:23:23時点 Amazon調べ-詳細)

1992年「ホーマスツアー」

1991年「ドルンター&ドルーバー」

1990年「貴族の務め」

1989年「カフェインターナショナル」

1988年「バルバロッサ」

created by Rinker
¥3,850 (2022/12/05 17:23:23時点 楽天市場調べ-詳細)

1987年「アウフアクセ」

1986年「アンダーカバー」

1985年「シャーロック・ホームズの犯罪事件簿」

1984年「ダンプフロス」

1983年「スコットランドヤード」

1982年「ザーガランド」

1981年「フォーカス」

1980年「ラミーキューブ」

1979年「ウサギとハリネズミ」

-【ドイツ年間ゲーム大賞】

Copyright© 熊熊飯店のいまボド! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.