特集記事

【ドイツ年間ゲーム大賞2020】決定しました!! はたして、予想は当たったのか?

ドイツ年間ゲーム大賞2020 おさらい

本日、2020年7月20日、ドイツ年間ゲーム大賞2020の発表がありました!

まずはおさらい。
ノミネート作品は以下のとおりです。
・「マイシティ」
・「ノヴァルナ」
・「ピクチャーズ」

皆さんの予想は??

緊急アンケ―トということで、5月の終わりくらいにtwitterで、皆さんの予想を、投票してもらいました。

みなさんの予想は……、

「マイシティ」でした。

「マイシティ」のデザイナー:クニツィア氏は、2019年のドイツ年間ゲーム大賞で、ノミネート作品であるラマのコスプレまでしたのに、大賞を逃したので、今回こそは、という判官びいきもあると思います。

でも、僕も「マイシティ」気になっていました!

さて、予想は、当たっているかな??

【こちらが前回の予想の記事】


さて、本年の受賞作は……、
























































「Pictures」

おめでとうございま~~~~す!!

そして、残念~~! クニツィア雪辱ならず!! 

まさか、2年連続でお題当てゲームが受賞するとは、みなさん思わなかったですよね。

内容をおさらい

  • 人数:3人~5人
  • 年齢:8歳以上
  • 時間:20~30分
  • 制作:Christian Stöhr, Daniela Stöhr
  • BGGレート:7.4

このゲームは、グッズを使って、指定されたお題を表現し、それを当ててもらうゲームじゃ。
日本のボードゲームで言えば「ピクテル」や、「はぁっていうゲーム」など類似の発想から生まれたゲームは、たくさんある。

(それがまさか、ドイツ年間ゲーム大賞に?)と、思うかもしれんが、昨年受賞した「ジャストワン」は、まさに日本のゲームに多くあるコミュニケーションゲームじゃったから、今回もどうなるかは、分からんな。

ルールとしては、あらかじめ場に並べられた複数種類の写真から、お題が指定されるわけじゃが、プレイヤーがそれぞれ異なる5種類のキットを使って、表現するというところが、このゲームの肝じゃな。

石、カード、ヒモ、ドットなどそれぞれが異なる表現物を使うのが、面白いところじゃ。

うさぎ師匠
うさぎ師匠

ホビージャパンさんから、日本語版が発売予定!!

ちなみに、エキスパート部門は……


ドイツ年間ゲーム大賞には、もう2つ別部門が設けられています。そのうちのひとつが黒ポーンこと「エキスパート部門」です。

エキスパートという名前のとおり、中上級者向けのやや重いゲームが選ばれる部門です。


エキスパート部門は、「The Crew」が受賞!!

こちらは、前評判どおり「The Crew」が受賞しました!!

  • 人数:2人~5人
  • 年齢:10歳以上
  • 時間:20分
  • 制作:Thomas Sing
  • BGGレート:8.1

こちらは先行発売を計画中!!

-特集記事

© 2020 熊熊飯店のいまボド! Powered by AFFINGER5