【重量級:90分以上】

「キングスジレンマ」年間ゲーム大賞2020エキスパート部門ノミネート作品が早くも日本語化!これぞ遊びたかったゲーム。

  • 人数:3~5人
  • 年齢:14歳以上
  • 時間:(1プレイ当たり)60分前後
  • 制作:Hjalmar Hach,Lorenzo Silva
  • こんな方におすすめ:歴史ゲーム好き、レガシーシステム好き、ジレンマ好き
created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥7,536 (2020/10/26 12:57:23時点 Amazon調べ-詳細)
かえる君
かえる君

早くも年間ゲーム大賞2020エキスパート部門のノミネート作品が、日本語化ですか!

最近、日本語化で発売されるペースが速くなったという話はよく聞くが、我々ゲーマーにとって、旬のゲームが、手軽に遊べるようになったということで、嬉しい限りじゃな。

うさぎ師匠
うさぎ師匠
かえる君
かえる君

受賞は逃してしまいましたが、ノミネートしているだけあって、きっと面白いゲームなんでしょうね。ワクワク。

ふむふむ。エキスパート部門の割りには、1ゲーム60分と短いですね。

ん? なんかこの表記珍しくないですか。何故あえて、1ゲームって断りを入れてるんだろう。。。

「キングスジレンマ」の物語とフレーバー

国の大義をとるか、自らの家の野望に従うか

『キングスジレンマ』は、アンキスト王国の政治を司っている様々な貴族家となり、王を補佐する立場として国政の決定にかかわり、王国の歴史を作り上げていく、複数回のゲームを繰り返してプレイする、レガシー要素のある、相互作用のある物語体験のゲームです。

ホビージャパン「キングスジレンマ」ページ説明文より

「キングスジレンマ」のコンポーネント

これは、めっちゃオトコ気が試されるゲームなのでは!?

今回は、日本語版発売元のホビージャパンさんが、ツイートをされていたので、そちらをご紹介します。

お! 最近見かけない、中世色溢れる地図ボードですな。

そして、封筒に入ったカードと、国旗?

なんか、最近のゲームにしてはデザインがシンプルでなつかしさを覚える。

これだけだといまいちよく分からないなあ……。

と、いうことで、プロモーションムービーがあったのでこちらもご紹介されていただきます。

ふむふむ、本当にゲーム中で封筒からカードが出てくるんだ!

なるほど、これはイベントをクリアして、新しいクエストが封筒から出てくるってことかな。

そして、60分の中量級かと思いきや、衝撃の言葉……。

15時間!!

「キングスジレンマ」のプレイ感

そのジレンマ、本当に王様のもの??

そうです。このゲーム、レガシーシステム(ゲームの結果に従って内容物に改変を加えることで、ゲームの結果を次のゲームに承継するシステム ※ホビージャパンページ説明より)です。

プレイヤーの役割は、貴族となって王を補佐すること。(あ、「キングスジレンマ」なのに、王じゃないんだ)

プレイヤーは毎ラウンド、提示される国の問題を、投票で決定していくことになります。

その選択や行動の結果で、ストーリーが分岐していきます。

なるほど。パッケージで王が頭を抱えているのに、本当に悩んでいるのは、内政を行う貴族ってことね。

レガシーシステムで、【あなたたちの年代記をつくれ!】 個人的にこれは燃えるフレーバーだ!!

1ゲームは、その世代の王が死ぬか退位するまでとなる。

ゲームを継続する結果、そのゲーム卓ごとの年代記が出来上がるわけだ。

これは「ヒストリー・オブ・ザ・ワールド」で、歴史のifの年代記を作って、とっても楽しかったテーマなので、個人的にはすごく気になる!

ラウンドでやること

ラウンドでやることは、封筒の束(たくさん用意されている)から、ストーリーカード1枚とジレンマカード3枚を取り出し、よくシャッフルして、1枚めくる。

そこに書かれた問題の解決策に、賛成か反対かを投票するだけ!(棄権という選択肢もあって、これはこれでゲームに影響を及ぼすようだ)

やること自体は簡単。でも、それによってゲームが変わっていく。

これ、投票前の議論が白熱しそうだな~。

物語があって、ネタバレ注意。

と、いうことは、1度遊んだひととは遊べなさそうなので

ぜひ早めに

遊びたい!!

created by Rinker
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
¥7,536 (2020/10/26 12:57:23時点 Amazon調べ-詳細)

-【重量級:90分以上】

© 2020 熊熊飯店のいまボド! Powered by AFFINGER5