【初心者向け】

タイトルをつけるだけなのに恋に落ちてしまうボードゲーム「ディクシット」

  • 人数:3~6人
  • 年齢:8歳以上
  • 時間:30分
  • 制作: ジャン・ルイ・ルビラ 
  • こんな方におすすめ:「将棋」や「オセロ」のように勝敗のつくゲームしか知らない方、創作畑の方、木村拓哉好きの方
created by Rinker
¥3,960 (2020/10/26 17:53:58時点 楽天市場調べ-詳細)
かえる君
かえる君

師匠~。聞いて下さいよー。
彼女が最近冷たいんです。

あの重ゲーをやってくれない彼女じゃな。
まさか、無理やり遊ばせたんじゃなかろうな!
※詳しくは「フルーツジュース」の回を参照

うさぎ師匠
うさぎ師匠
かえる君
かえる君

違いますよ! さすがにそんなことはしません。
理由が分からないんですよ!
ボクとしては、また、付き合いたての頃のような熱い恋愛がしたいんです!!

そんなのは、勝手にやっとれ!
と、言いたいところじゃが、うってつけのゲームがあるぞ。
今回は遊ぶだけで、恋に落ちてしまうフランスのゲームじゃ。

うさぎ師匠
うさぎ師匠

物語とフレーバー

『DiXit(ディクシット)』とは、ラテン語で「(彼が)言う」の意味で、フランスでは根拠なき主張を揶揄するときに使う言葉です。 簡単なルールで、メルヘンチックなカードイラストと、かわいいウサギコマを使って老若男女で楽しく遊べる、コミュニケーションパーティゲーム。

HobbyJapan公式ページより 

コンポーネント

見慣れない大きめのカードには、どれも夢の中のような奇妙なデザインのイラストばかり

「ディクシット」を広げたときに、まず目に飛び込んでくるのは、なんと言ってもそのカードのイラスト!

カードといえば、トランプしか知らなかった僕らにとっては、そのカードサイズは大きめで、少しリッチな気分になったものです。

そのカード群に書かれたイラストを見て、おったまげました。
まるで、みんなのうたの往年の名曲「メトロポリタンミュージアム」を彷彿とさせるような、すこし悪夢っぽい奇妙なイラストが、描かれたカードが84枚!

このイラストにタイトルをつけるゲームなのですから主役は当然このイラスト。
カードサイズが大きいほうがイラストが大きく見えて迫力満点! そう! 大きさには、理由があるのです。

また、得点をつけるためのコンポーネントも一風変わっています。

箱を開くと、そこには上げ底で立体的になっているボードが、箱と一体化して入っています。つまり得点をつけるために、この箱を使うというわけです。

プレイ感

そりゃ、木村拓哉もハマるわ、これは! もちろんボードゲーム初心者も!!

実はこのゲーム、木村拓哉さんがプライベートで遊んでいる、というのをメディアでよく取り上げられているのを見かけます。
「ディクシット」は、木村拓哉さんが一押しするほどの、魅力があるということです。

では、ルール説明。

親が自分の手札の中でカードを1枚、タイトルを宣言して、裏向きに場に置きます。

ほかのプレイヤーは自分の手札から、さきほ親が宣言した、タイトルに見合ったイラストのカードを同じように裏向きにして場に置きます。
(自分が、タイトルにそぐわないカードしか持っていないと思っても、無理やりこじつけて、1枚出してください)

カードがすべて置かれたところで、置かれたカードのイラストを見てみましょう。「さあ、どれが親が置いたカードかを当てましょう」

とっても、簡単でしょう。でも、実際遊んでみると、そりゃ木村拓哉もハマルわ、これは! と思う部分があります。

タイトルを発表することへの快感。ディクシットは恋愛と=(イコール)のボードゲームだった!

「ディクシット」の面白さの中心は、親のカードがどれかを当てることでは、ありません。

実際遊んでみると分かるのですが、自分が親になった際に、自分のカードのイラストからタイトルを発表するときに、ある種の感情が巻き起こります。

  • このタイトルで、当ててもらえるかな(心配)
  • もっとウケを狙ったら、笑ってもらえるかも(期待)
  • すごいウケそうなの思いついちゃった(妄想からの興奮)
  • 当ててもらえた! 私と同じ考え方なのね(共感)
  • すごい嬉しそうにコメントしてくれてるし(驚喜)

いま書いていて思いついちゃったのですが、これは何かに似ています。

そう、恋愛初期の感情の動き方です!!

それが証拠に、さきほどの文章の冒頭に「あのひとに」とつけてみましょう。
ほら、なんか恋愛っぽくないですか。

これを、さらに押し進めると、こうなります。

  • こんな私のこと、好きになってもらえるかな(心配)
  • うーん、この服だったら、カレに喜んでもらえるかも(期待)
  • カレと目が合った。きっとカレも私のことが好きなのね!(妄想からの興奮)
  • しかも、私と同じ映画が好きなの!?(共感)
  • え。カレも私のことが好きなの。両想いじゃん。どんだけ~~!(驚喜)

ね。まったく一緒でしょ。
「ディクシット」が作られたのは、フランスの 「ibellud(リベリュー)」と いう会社です。フランスといえば、恋人たちの国。

この一見、的外れそうな分析、一概に当たっていないとは言えないかもしれませんよ。どんだけ~~!

created by Rinker
¥3,960 (2020/10/26 17:53:58時点 楽天市場調べ-詳細)

-【初心者向け】

© 2020 熊熊飯店のいまボド! Powered by AFFINGER5